施工管理職

工事本部

工事部 技術管理課

T. TAKANASHI

2014年中途入社

嬉しいのはやっぱり、仕事の成果が道路に残ること。

●具体的な仕事内容

 昨年9月から今年2月末まで、東京都発注の工事物件を担当しました。

 そこで、発注者が違うと、求められる内容も全く違うことを実感しました。東京都、特に財務局発注だと質問内容のレベルが高いので、自分では分からない質問を受けた際はメーカーに問い合わせて、メーカーでも分からない突っ込んだ質問は、メーカーからさらに他の方に聞いていただいて……。今回はそれが特に多くて本当に大変でした。

 今回の物件では、打ち合わせ件数が多いために時間が足りなくて苦労しました。

 財務局発注とは、要は東京都が工事を発注するわけなんですが、実際に建てる場所は学校だったり区役所の管轄する道路だったりする。そうすると、それぞれの相手と占用協議をしなくてはならないんですね。

 しかも、工事を行う場所は都内のあちこちに点在していて、約2〜30の警察署に対する道路占用、道路使用の許可申請のために奔走しました。85基分ある許可書の全てを一度に出すことはできないので、工事中に抜けて区役所に行くという形で。

 打ち合わせも許可申請も現場も掛け持つと、とにかく時間が足りません。上司など周囲の手を借りることで、なんとか切り抜けることができました。

●喜びを感じる瞬間

 やっぱり、仕事の成果が道路に残ることですね。

 入社した年に、本社から荏原ICに向かう途中の場所に地図標識を設置する物件を担当したのですが、そこを通るたびに建てた時を思い出します。嬉しいというか、なんというか、「やった甲斐があるなぁ」と感慨深く感じますね。

●職場の人間関係

 職場の雰囲気はとても良いです。上司に限らず他の部署の方にも質問する機会が多いのですが、皆さん嫌な顔ひとつせずに教えてくださいます。

 技術管理課は、他の課よりも飲み会が比較的多いですし、ゴルフやバーベキューに行ったりもします。

 人手が足りなくて特に忙しい課なので、あとはもう少し人が増えれば……と思います(笑)

●福利厚生

 休みの取り方が変則的になってしまうことがあります。

 周囲は休んでいいよと言ってくれるので雰囲気としてはとても休みやすいんですが、自分に責任がある仕事なので、今日やっておかないと後で結局自分が困る、ということになってしまいます。そういう点で休みが取りづらいのは部署特有ですね。その分、物件が片付いた後は、次の物件が始まるまで長期的に休めます。

●入社を考える人へ

 どんな仕事に就いても良い面・悪い面があります。悪い面ばかりを思いつめないで、その仕事の良い面を見つけるようにしながら働くことでモチベーションが維持できますし、自分のステップアップや、勉強にもなっていくと思います。

その他の社員インタビュー

 

社員インタビュー

 

新卒採用2020
嬉しいのはやっぱり、仕事の成果が道路に残ること。
新卒採用2020