沿革

1947年 10月 資本金150万円で設立

1948年 9月 東京事務所開設

1949年 12月 強化繊維軌条絶縁の製品化完成

 

1951年 2月 建設業登録

      5月 ガス溶接ボンド完成。高崎線電化用に初採用

1952年 6月 低温溶接ボンドを開発

1953年 6月 低温溶接ボンドが国鉄に採用される

1959年 6月 溶融式区画線・道路標識を開発。警視庁・各県警本部・建設省等で採用される

1963年 9月 東海道新幹線用の特殊絶縁材を開発

    12月 SK式道路標識を開発し、警視庁・各県警本部等で採用される

1964年 10月 東京オリンピックに伴い「ボンライン」「SKカール板」を全面設置

1969年 11月 資本金1億円に増資

1973年 3月 溶融噴射式高速塗装機を開発

1978年 10月 日本工業規格表示許可工場認定(路面標示用塗料)

 

1985年 10月 本社ビル(工場・研究所)完成

1989年 2月 バイブラライン技術導入

1990年   7月 EP-V レール形(レール絶縁)完成

1992年 4月 福島工場竣工、JIS工場認定

1994年 12月 日本工業規格表示許可工場認定(レールボンド)

1995年 4月 ロウパックガス工法を開発

    10月 ミストラインを開発

1996年 6月 東京支店開設

 

2000年 6月 ミストグリップを開発

2001年 10月 特定建設業許可・国土交通大臣許可(特-13)第404号を取得

    11月 ISO9001認証取得

2003年 7月 川崎市ものづくりブランド製品認定(グリットライン、ミストグリップ)

2006年 10月 ボンラインシェルを開発、全天候型路面標示販売開始

2008年 4月 川崎市ものづくりブランド製品認定(ボンラインシェル)

2010年 4月 本社鉄道事業本部 新工場完成

2011年 5月 本社デザインセンター完成

2012年 4月 新東名高速道路標識・標示工事完工

2013年 3月 ISO14001:2004 認証取得

2017年 10月 創立70周年

 

 

 

〒211-8675 神奈川県川崎市中原区市ノ坪160番地

電話番号 044-411-2191